2007年03月29日

能登の春。

昨日、いろいろ歩きまわったり、
地元のニュースをみたり、
新聞を読んだりしてわかったことは


●地区による被害の違い
●建築様式による被害の違い


がかなりある、ということでした。


テレビで流れている映像だけをみていると
本当に大変な状況ばかりなのですが、
実際には、地区によってかなりの違いがあると
思います。


たとえば、能登は半島ですから


山を削ってつくったところ


と、


海をうめてつくったところ


とか、あるわけです。
すると地盤の関係で、ゆれの強さ、その影響がけっこう違ったり
するのです。

また、能登半島には外浦と内浦があって、
外浦の方が風が強いからそれに耐えるような構造になってたり、
とか、けっこう違っていたりします。
それは先人の知恵。



なので、本当に、地区によって被害の大きさ、
復旧にかかる時間、が違います。



すでに営業を開始している旅館がたくさんあります。

その旅館はもちろん


大丈夫!!


だから営業しています。

私がみつけた能登の春。

うちの裏で咲いていた


梅、です。

玄関で咲いていた


紫の花。

ほかにも

踊子草や、おおいぬのふぐりとか、

いろんな花が咲いてました。

うぐいすも上手にうたってました。


地震があって、大変な地区も確かにあります。


でも、確実に春がきています。


すべてがやさしい色に包まれる能登の春。


桜の季節ももうすぐです。


posted by 草野祐子 at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

能登半島地震。

3月25日(日)午前9時42分。

能登半島で地震が起きました。

私は生まれたときから大学に入るまで18年間、住んでいましたが
体に感じる地震の経験は、たぶん、数えるほどしか、ありません。

私の実家は、石川県の穴水町というところ。


震度6の地震がおきた。
もっとも被害の出ているところは輪島市、七尾市、穴水町。


そんな単語がテレビで繰り返されていました。

普段は両親が暮らしていますが、
その日は偶然、母がクラス会で上京しており
実家には父がひとりでおりました。


日曜の朝、目が覚めて、
前日までの実践コースが終了した、若干の喪失感も
あってのですが、
何の気なしにつけたテレビをみて、びっくりしました。


能登で地震なんて、信じられない


というのが私の感想でした。

そして、次の瞬間、携帯電話で実家へ電話。

ダメ、つながらない。

父の携帯へ電話。

呼び出さない。


しかたがないから母へ電話。


母もテレビをみたらしいのですが、父とは連絡がとれていない。


それからの40分あまり。

テレビで繰り返される地震発生の報道と津波への警告。


言いようのない恐怖におそわれていました。



それからしばらくして母から電話が入ってきました。


父はとりあえず、無事。


その瞬間、本当にほっとしました。

本当にほかの方には申し訳ないけれど、

父の無事だけでとりあえず、安心して、よかった、と思いました。


でも、今思うと、あれから私はずっとまともではなかったのかも
しれません。


それが理由に、今年に入ってずっと続けてきたブログをアップする
ことができませんでした。


まともに考えることができなかったように思います。


ひとりでいることができなくなり、
人に一緒にいてもらいました。


けっこう自分は強いと思っていたけれど、
それは実家で両親が元気にしてくれてるからなんだ、と
改めて思い知りました。


◇◇◇


私は今このブログを実家から書いています。

父にも会い、実家にも行ってきました。

自分の目でみて、もちろん、ショックを受けるようなところもありますが、

遠くにいてやきもきしていたよりはずっと落ち着きました。



今回、地震がおきてから、本当にたくさんのメッセージをいただきました。

みなさん、能登半島地震、ときき、私のことを思い出してくださったそうです。

うれしいやら、申し訳ないやら。

本当にご心配いただきましてありがとうございます。


そして、多くの方から、何かできることがあれば、といっていただきました。

私の実家と私の両親は避難生活を送ったりしているわけではないので

直接何か、ということはありませんが、

実際に避難生活を送られている方など、自治体などで何か支援を

募っていたら、ぜひ、ご協力いただけたら、と思います。


私も私には何ができるかな、と考えています。

仕事を休んで(今は休ませていただいてますが)何か活動する、とか
いうことは現実的に難しいので、東京に戻ってからも何かできないかな
と考えています。


今、思いついていることといえば、能登へ来てくださる方々が少なくならないように
能登のPRをしていくこと、とかです。

私ごときががんばったからってどうなるものでもないかもしれません。

でも、今一番怖いのは、地震がおさまってからの「『風評』という余震」かもしれないのです。

私の大好きな、私の大切な故郷、石川県、能登半島。

自然の力をとめることはできませんが、

地震がおさまったら、その先の「余震」は阻止していきたい、と思います。



ご心配いただいたみなさま、本当にありがとうございます。
きちんとみなさんにご連絡さしあげることができておらず、
大変失礼いたしております。


ブログをアップしなかったことで、余計にご心配をかけてしまった方も
いらっしゃることと思いますが、今のところ、大丈夫です。

ただ、自分の目で確かめるまで、安心できなくて、時間がかかって
しまったことをお許しください。



災害はいつどこにやってくるか、わかりません。

まさか。と思うところに、まさか。と思うタイミングでやってくるものです。

今回はそのことをいや、というほど思い知らされました。

そして、たくさんのことを考えさせられました。

まだ収集がついていないのですが、ちょっとずつ、

かみくだけたら、またアップしていきたいと思っています。


最後に、今回の地震で被災された方々、今も避難生活を送る方々、
復旧、復興にご尽力されている方々のご健康をお祈りし、
一日も早く、平穏な日々が戻ってくることを願いたいと思います。






posted by 草野祐子 at 18:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

卒業式は出発記念日。〜女性起業塾実践コース58期。

たった3ヶ月。
されど、3ヶ月。


みなさんをお迎えしたのは2007年1月13日(土)のことでした。

ずらっと並んだメンバー。

とても緊張してらして、みんなご自身がどんなプレゼンをなさったか、覚えてない。


今期、情けないことに、私は


そろそろ全員の顔と名前とプランと覚えきるのは無理かな・・・


と若干思っていました。
それから全部でみなさんとお会いしたのはたったの


5回


しかありません。
その不安はやっぱり


取り越し苦労


に終わりました。

全員のビジネスプランが私の中にしっかり芽を出し、
育ってくれました。

私もみなさんの分のアンテナを全部はって、
何をしていても、


これって■■さんのプランで役に立つなぁ


とか、


こういう視点、いいんじゃない?


とか、考える毎日。

それがいったん今日、終わりを迎えました。

ひとりも欠けることなく、最初に集まったメンバーが
最後までやりきってくれました。

普通の塾なら当たり前かもしれません。

でも女性起業塾は、常に本人のアウトプットを求める場所です。

歩みを止めている人、できない理由を述べる人、にはとても
居心地が悪いところ。

また、みんながとてもがんばるから、自分が思うほど、がんばれないと
まじめな人ほど、通うのがつらくなるところ。

日々の本当に忙しい毎日の中でプラスα、取り組むことは
私の想像以上に気力も体力も時間もつかうことだったと思います。


それでも、みなさん、ばらばらなバックグラウンドももちながら、
がんばりぬいてくださいました。


本当に尊敬いたします。

このがんばりは、起業したら、当たり前、かもしれません。

でも。
ここでがんばれたことは、絶対に忘れないでください。

みなさんのこれからを支える自信にしてもらって大丈夫です。

その証が、卒業証書です。

迷い悩みながらも、前進しつづけたみなさん、
これからも全力で応援していきます。
応援し続けられる、草野でいたいと思います。

ご卒業、おめでとうございます。
本当に、おつかれさまでした。
みなさんとの出会いに心から感謝。

ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

◇◇◇

卒業式のあと、みなさんが企画してくださった
卒塾パーティに、呼んでいただきました。

がんばったのはみなさんなのに、
私へお気遣いいただいてしまいました。


「草野先生」


「ありがとう」


デザートのプレートに書いてくださった、メッセージです。


草野とイメージしてくださったというお花。


そして、宝物になった寄せ書き。


私の涙は、みなさんとなかなか会えなくなる寂しさ、
そして、みなさんからどうしようもなく伝わってきたやさしさから、でした。

でも、泣いてばかりいたってみなさんのこれからに私がお役に立てるわけでは
ありません。

これからも、みなさんが何か動かしたいときに、
困ったときとか、悩んだときとか、
どんと力になれる人間になっていけるよう、
みなさんにいつあっても恥ずかしくない自分でいるよう、
毎日を楽しみながら、
エネルギーを生み出しながら
生きていきたいと思います。


みんなでとった写真、どなたか送ってくださいね。
楽しみにしております。


ご卒業おめでとうございます。
そして、みなさんの出発記念日、その場に立ち会えたことに
感謝いたします。
ありがとうございました。
posted by 草野祐子 at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性起業塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PCの常識。

Macとともにある生活もはや、4か月がたとうとしています。


Macユーザーになってから、やたらと目につくようになったのが


■CM
■アップルのマーク


だったりします。


なんとなく、勝手に、頭の中で


Windowsが世の中の常識さ


なんて思っていたんだな、と思い知らされることが多く、
それが、Macを使い始めたことによって


なんだ、Windowsだけが手間がかかってたんじゃん!


そう思う瞬間がよくあります。

その中のひとつが


PDFの作成


です。
今までは特別なソフトがないとPDF化できない、と思っていたのですが
Macは


普通に、しかも一瞬で


PDFファイルにできてしまうのです。
それをとなりのシステム担当Oさんに自慢げに?話したところ、


Windows以外はけっこう簡単にできるんですよ。


と冷静にいわれてしまいました。

なんだ、そうだったんだ。


画像処理ソフトとかもかなり簡単に使えるしね。

今流れているMacのCMもたしかこの点をとりあげていると
思うのですが、ほんとにそのとおり、です。


posted by 草野祐子 at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「Suica」と「PASMO」。

今週からスタートした


JR東日本の「Suica」(スイカ)
私鉄・バスの「PASMO」(パスモ)


の相互利用。
初日の売上枚数は


62万枚


に達したそうです。
この数値は交通系ICカードの1日の売り上げとしては、
国内最高記録になるとのこと。


みなさん、乗り換えのときに相互に使いたかった、と
いうことなのでしょう。


私も早速つかって感動。

でも、一部区間では余計にお金がかかってしまうのですよね。

まぁ、乗り換え時間の節約と考えれば、OKかと思います。


◇◇◇


今回のような


インフラの変更


は、大きなものが動かないと実現されません。
きっと、他にもいろいろと


同じだったらいいのにな・・・


とか


一緒だったらいいのにな・・・


とかいうものがあるはず。
でも、起業するときに考えるのは


うちのオンリーワンは、ココ!


ということ。
オンリーワンからスタートして、市民権を得たものが
利便性を高めていくときには、大手の力を借りなくては
ならない。

そういえば、携帯電話も、そうでしたよね。


消費者としての視点、起業家としての視点、
バランスよくもちながら、考えていく必要がありそうです。


posted by 草野祐子 at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

日本海と瀬戸内海。


マダムさま、こちらが証拠写真です(笑)

◇◇◇

私の大好きな、きれいな海の写真です。


まずこちらは、瀬戸内海。
向こうにみえるのは岡山県、だそうです。

どこでとったかというと・・・


駅前にこいつがいるところ。
本当はあおおにだったそうです。

わかりませんよね。
もう一枚のヒントはこちら。


はい、正解は高松、です。
そうそう、四国の。

ただし、私は残念ながらだいぶ疲れがたまっていたらしく、
体がSOSといっているので、おとなしく自宅におりました。
なので、撮影者は私では、ありません(涙)

でも、海の写真にはほんと、いやされます。

実は実家のから日本海の写真も届いております。



日本海と瀬戸内海。

どちらも内海の、静かな波の写真で、
本当にいやされました。

写真、どうもありがとう。

さて、明日から、お休みした分、がんばりましょう!

posted by 草野祐子 at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

超氷河期。

超氷河期。

私が就職活動をしていた1998年。

新聞には当たり前のようにこのことばが並んでいたと思います。


あれから10年ほどの月日が流れ、
今、新聞に並ぶのは


すそ野拡大
採用大幅増



の文字です。


先日、私と同じく


1976年生まれで
超氷河期の頃、社会になり
同じタイミングで会社をつくった
女性社長


とお友達になりました。
(ということにしておいてください!)

私と同い年くらいで社長の方は何人も知っていますが
私と同じ年から、つまり同じような状況から会社をつくった人というのは
ほぼ皆無に近く、
はじめて会ったときに


この人とは絶対、いろいろ共有しなくては


と思い込んだものです。

その方とお話をしていて出てきたのがこの


超氷河期


ということばでした。

過去のことに 「もし」 はありませんが、
「もし」 あの頃、私たちが就職活動をした1998年が


超氷河期


でなかったら、私たち、会社つくってなかったかもね
なんて話をしました。

今なら採用枠が増えているから、
必然的に選択肢がたくさんあったかもしれません。

でも、あの頃は選択肢そのものが今と比べたら少なかったんだと思います。

そして、がんばって入った会社をすぐにやめるなんていやだな、とか
がんばって入っても、自分がやりたいことができるまでには時間がかかるんだ、とか
(今思えば、そんなことは当たり前のことだけれど)
厳しい状況にいながら、
何ともわがままだった私たちは


選択肢がないなら、つくればいい


という思考が働いたのかもしれないね、とそんな話をしていました。


私は今、塾というスタイルでたくさんの起業を考える女性とお目にかかっています。

ずっと


なぜ、今の恵まれたポジションを離れてまで、
起業を考えるのか


そんな思いが私のどこかにあったような気がします。

でも、最近、ちょっとずつ、みなさんの思いがわかるような気がしてきました。

女性は根本的に


美しくありたい


という思いを、誰もがもっていると思います。
きっとそれは、本能です。

美しい、という定義は人それぞれだと思いますが、
間違いなくいえることは


起業を目指し、日々、がんばっている女性はみんな、美しい、


ということです。
確かに自分ですべての責任を引き受けるのは大変なことだと思います。
起業したからって、すべてが順風満帆なわけでもありません。

でも、自分が何をするのが好きで、ミッションを感じていて、
それを実現している人は、体の奥から


凛としたつよさ


を感じさせるのです。
私はそれが美しい、と思います。


私は超氷河期のおかげで、こんな生き方をしてきました。
そして今、その間の経験をもとに、たくさんの働く女性の
アクションプランつくりに携わらせていただいています。


アクションプランをつくって行く中で
決してこのことは忘れないでいようと思います。


このアクションプランで、この方が美しく輝くかな


そんな視点をもって、これからも取り組んでいきたいと思います。

 
posted by 草野祐子 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダッチオーブン友の会、3月度開催。



いつも大変お世話になっており、
こんな言い方しては怒られてしまうかもしれませんが、
本当にすてきでかっこいい『ねえさん』のような方、藤井佐和子先生。

新刊をちょうだいいたしました!

かなりおもしろい内容で、4月に向けて、おすすめ、です。

◇◇◇

今月も、ダッチオーブン友の会、開催いたしました。

私の自宅が引っ越してはじめてのダッチの会、必死に片付けまして
なんとか、間に合いました。

今日は久々に同級生がご家族で参加してくださって、
なんとだんなさんのNくんが焼いてきてくださいました。


おかあさま仕込みだとか。


なんでも彼が生まれてきたばかりの頃に、私の友人であるおくさま、R子のために
つくりはじめたんだそうです。
とてもおいしかったです!

ダッチの会のくせに、最近ダッチをつかえずにおりましたが
本日はきっちりつかわせていただきました。


私の定番、スペアリブのローズマリー風味、です。

もちろん、おいしいお酒の数々もいただきました。


私のふるさと、能登のワイン、です。


第二のふるさと、つくばの日本酒。
(かすてらかと、思いました・・・)

相変わらずの楽しい時間、初参加のメンバーも
久しぶりのメンバーも、
ありがとうございました。


次はお花見。それから本日決定した夏のキャンプもよろしくお願いしまーす。


みんながかえったあと、ダッチオーブンの手入れを久々に
自分でやりました(笑)

購入してから1年9ヶ月くらいになりますが、
なかなか、いい感じになりましたよね。




ダッチオーブンも大事に育てながら
これを『ダシ』につかって定期的に会えている仲間との関係も
しっかり育てていけたらいいなぁと思っています。
posted by 草野祐子 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ダッチオーブン友の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

あの人もMacユーザーだった?!

先日、悩みを書き込んだところ、コメントやメッセージでいろいろアドバイスを
いただきました。

実はあれからあまり家におらず、自宅でユーザーの私はAirMacはまだつなげていません。

でもきっと明日の取り組みでできるはず!

みなさん、ありがとうございます。

感謝です。

マックユーザーは同じものをつかっている方が多いのだろうから
エラーとかも『マック』というキーワードでおしえてもらえるんだな、と思い、
ラッキー!と思っています。


◇◇◇


何度か、この、マックの


スマートさ、おしゃれさ


についてふれてきましたが、昨夜、あの人もMacユーザーだったことが
判明しました。

それは。


キャリー


です。
キャリーって誰?って思いますよね。

sex and the city の キャリー

です。

ケーブルテレビとさよならして1年近く、みていませんでしたが、
昨日、我が家にケーブルテレビが導入し、久しぶりにみていたんです。

相変わらずの軽快なやりとりを楽しんでいたら、
キャリーが仕事のために開いたそのPCは・・・


ブラックのマックブック


でした。
そう、私のこのマックと同じ。

だからどうよってこととか、あれは私のマックブックとは違って
マックブックプロじゃないか、とか、そういう議論はとりあえずおいといて
かっこいいキャリーのご愛用もブラックのマックブック、ということで
満足してました(笑)


キャリーのように深いことを私はかけていないけれど、
ニューヨークの街並みにも、おしゃれにとけ込んでいて、
また、さらに、マックブックに愛着がわいた瞬間でした。
posted by 草野祐子 at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

「休日に寝だめ」は逆効果。

普段の寝不足、休日に補えません−。

休みの日に遅くまで寝ている人ほど、不眠や抑うつを訴える割合の高いことが17日、
働く人を対象とする内村直尚久留米大助教授(精神神経学)の調査で分かった。

平日の睡眠時間の短さは、抑うつと強く関連していた。

同助教授は

「時間が不規則だと熟睡感が得られない。
良い睡眠のためにはできるだけいつも同じ時間に起きることが重要」


としている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070317-00000014-jij-sociから引用。

◇◇◇

えーっ!!

と思った方。

いらっしゃるのではないでしょうか。


私は比較的、休日に寝だめをしない方ですが
私の家族の中には、


寝だめ主義


の人が何人か、います。


規則正しさ


は見方を変えると


継続は力なり


に通じるのかもしれませんね。


自分にとってベストなパフォーマンスレベルを保てるリズム


をみつけて、それを守っていく。

人によって、それはきっと異なると思うけれど、

スタイルをきちんともっておくことって大切なんだと思います。


そういえば、それは仕事の仕方にもいえるかもしれません。


私は今でこそ、


勤務時間


がありますが、自分でやっていたときには、

それはあったけれど、なかったようなものでした。


私に必要だったことは、会社に通うことではなくて

結果を出すことでしたから。


でも、それでも、その結果を出すにはある程度の

リズムが必要だったと思います。


そういえば、夏休みもそうでしたよね。

いかなくても怒られるわけではないけれど、

ラジオ体操があったからこそ、

規則正しい生活が保たれて、

楽しい日々だったようにも思えます。


そういえば、筋トレだって、

思いついたときにだーっとやっても効果はあまりなく、

ちょっとずつでも毎日やる方が、効果はでます。



それを


単調な毎日


と評することもできるかもしれませんが、

そうやって、

日々、礎を築いているからこそ、

いざというときのパワーが


非日常 = イベント


的に発揮できるのだと思います。


日常と非日常。


これをバランスよく、組み合わせていくことが

自分で自分の人生をプロデュースする、ということなのかも、

しれません。


◇◇◇


あと1週間で今期のみなさんが卒業していかれます。

みなさんの日記やブログを拝見していると、

だいぶみなさん、思考回路の切り替えスイッチが

もてるようになってらしているようです。


今はまだ、そういう思考回路は


非日常


かもしれません。

が、今後、そういう思考回路が


日常


に加わっていってくれるよう、

私は卒業までも、卒業後も、みなさんと向き合っていき
posted by 草野祐子 at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性起業塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1日に何人の人とコンタクトするか。



本日、珍しい?3人でランチに行きました。
余裕をもっていったはずなのに、
やっぱり私の相棒Cちゃんがやらかしてくださいまして(笑)
結局かっこむ感じになりました。

はじめて入ったお店ですが、おいしかったです。


◇◇◇


新人で会社に入った頃、
私が1日にコンタクトする人数なんて、
たかが知れていました。


両手両足で足りてたんじゃないかな、と思うくらい。
(おおげさか・・・)


でも、今は、本当にたくさんの方とお会いしていると思います。


のべじゃなくても、はじめてコンタクトする方だけ数えても

毎月、相当な人数だな、と思います。


いつからこうなったかな・・・と振り返ってみると、

どうやら、会社をつくったころからなような気がします。


一瞬、通り過ぎていく方もたくさんいらっしゃいますが、

最近はよく、


なぜ、私はこの方とお会いしたのかな?


と考えながら話をしています。


私にとって、びっくりするくらい多い人数でも

世の中に、今、この瞬間、生きている人の人数から比べたら

とっても少ない人数なはずです。


ということは

こんなすごい確率でお目にかかっているみなさんとは

何らかのご縁があるはず、なんです。



たとえば


●新卒の会社説明会で質問してくれた学生さん

●戦略キャリア塾の説明会で初恋について語ってくれた方

●ブログに読者登録してくださった方


二度と会うことのない方もいらっしゃるかもしれませんが

その方とのコンタクトが時間がたってからじわじわきいてくる

ということはあるんだと思います。



◇◇◇


出会いがあれば別れがあるもので、

そういうときは本当にさみしくて、つらかったりしますが、

でも、たとえ一瞬でも、一緒の時間を過ごせたことが

本当に貴重だと思えます。


そして、自分さえ、ちゃんとしていれば、

ご縁は続いていくということがこれまでの経験でわかってきたので

どんどん拡がっていくこのご縁を大切に、していきたいと思います。



posted by 草野祐子 at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

開花予想の間違いで。



ホワイトデーのお返しなんて、何年ぶりだか・・。

セクションのみんなでパステルのバレンタインスペシャルをプレゼントしたところ、
こんな楽しいものをいただきました。

なんだか懐かしい。

木曜日、恒例になりつつあります「女性起業塾通信からシリーズ」ですが、
今週もどうぞ。

◇◇◇


先週に引き続き、桜の開花について、取り上げてみたいと
思います。

といって、今回は


開花予想の間違いによる効果


について、になります。

桜の開花予想、気象庁の「計算間違い」があったそうで
1日から9日ほど、後ろにずれ込むことになったとのこと。


これによって思わぬ利益を得たのが


お花見弁当


業界だとか。
もともとの開花予想に合わせて、店頭での販売や
予約を受け付けたため、その時期が遅くなったことに
より、単純に


展開できる期間が延びた


ということでプラスになっているようです。
そして、お花見時期は遅くなったものの、
なかなか売行きは好調とのこと。


何が幸いするか、わからないものですね。


ちなみに。
開花予想の間違いで打撃を受けたのは


お花見スポット


です。
予想に合わせて入っていた屋形船の予約や、
ライトアップの予定がみんな変更になってしまって
いるようで・・・。


お花見の幹事のみなさんも、スケジュールの組み直し、
ご苦労さまでございます。


◇◇◇


そういえば、今日も会議でもお花見の話題、でてました。


今年はいけるかな・・・。
posted by 草野祐子 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

直観は研ぎ澄まされるもの。

今日はSMBCコンサルティング様で


女性リーダー養成講座


が行われ、いつも女性起業塾でお世話になっている


渡邊先生


の講座に参加してきました。
(運営側ですが)


私自身も、いろいろな気づきがあったのですが、
中でも一番印象的で、勇気をいただいたことばが


直観は正しいかどうかわからないけれど、
それを相手に差し上げることで、
必ず、直観は研ぎ澄まされるものなのです



というものでした。

私が普段担当している講義の中で口にだしていることばは、
ほとんどが


直観


からくるものです。
それをお伝えするために


ロジック


をかりているのだと思います。

ずっと、この、


直観


に頼ったフィードバックについて、悩んできました。

その私の悩みを一気に解決してくれた、それが
このフレーズだったのです。


いつもビジネスプランの講義の中でいってますが、
私たちは


主観・客観・計画


の視点をもって、物事を考え、実行していくものです。
このバランスがいいと、思ったとおりのことが実現して
いくのだと思います。


で、これらが、こんなふうにつながりました。


主観 → emotional

客観 → logical

計画 → planning


ちょっと違うかもしれないけれど、
そうやって考えたら、私のなかでなんだか


ストン


と落ちました。

直観も必要。
特に女性はこの情熱でもって物事を進めてしまうことができるもの。

でも、共通言語にするためには客観の視点が必要。
それでもって、大きなことが実現していける。

あとは妥当な計画で、でも、目標をある程度高くもっていけばいい。


まとまっていなくて恐縮ですが、
私にとって、本当に、本当に、素敵な気づきがあった1日でした。


渡邊先生、ありがとうございます。
受講生のみなさん、長時間の講座、お疲れ様でした。




posted by 草野祐子 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性起業塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

共感が必要な理由。

女性経営者の会を開催しました。


いろいろなイベントがある中で、
女性経営者の会は、ちょっといつもと違う雰囲気がします。


なんでかなぁと考えてみたのですが、
ひとつのキーワードは


共感


な気がしています。


女性起業塾とか、戦略キャリア塾とかでは、
私のポジションは


講師


です。

なので、


みなさんの内にあるものを最大限、引き出す


ということが一番大事に思っていることです。

が、女性経営者の会では私は


事務局


です。

事務局でまず、必要なことは、みなさんのことに
いい意味で関心をもち、
皆さんの想いとか、期待とか、そういったものに
心の底から


共感


することなんじゃないかって思います。


それと、自分自身も小さいながらも会社の代表という
ポジションを経験しているから、
生まれる


共感


もあると思います。


社長って孤独かもしれませんが、
だからこそ、群れるわけじゃないけれど
仲間って大切なんだと思います。


まだうまくいえませんが、
たくさんみなさんと共感しあって、
たくさん吸収して、
これから女性経営者の会、盛り上げていきたいと思っています。
posted by 草野祐子 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月曜出社。

私のセクションは、土曜日出社なので、
月曜日はお休みです。


いつもは。


でも、今週は、いろいろとやらねばならないことがあって、
会社説明会とかもあって、


月曜出社


いたしました。

朝から、朝会でみなさんと情報共有。


気合いが入るというか、
みなさんのお顔がみれるので

やっぱり、いいなあ

と思いながら、
でも、体力的に飛び石休暇はつらいな・・と思っているのです。


いつもはいない草野が出社しているので
いつもと違うこともいくつもありました。


ランチにはNさんとOさんといって、
いろいろお話させてもらったり、

エブリネイルのお仕事でパールやスワロフスキーと格闘したり。


充実した1日でした。


posted by 草野祐子 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

景気のいいところ。



きれいだったので、撮ってみました。


◇◇◇


私はほとんど海外へ行ったことのない人ですが、
ちょっとこの夏に海外へ行こうと思っていまして
いろいろ調べています。


そんな中、一緒に働いているNさんが


GWウィークにハワイに行こうと思ったら
もう、キャンセル待ちなんです!!


と言ってました。


そうなんだ・・・と私はちょっとびっくりしました。


この日も、旅行カウンターに行こうと思ったら
予約の人でびっしりで、とても話しかけられる雰囲気ではなく。



景気がいいなぁ


と横目で眺めて帰ってきました。


◇◇◇


景気がいいとはちょっとちがいますが、
ウェディングも景気よさそうですよね。


相談にきている人がわんさかいました。


そして、おめでたいことだからか、
価格設定が何ともだいたん、です。


完全に金銭感覚を破壊されるような
価格設定の数々。



日々の100円に対して、細かくチェックするのに
あのおかしな価格に対してはあまり悩んでるふうでもない。


人の心理っておもしろいよね・・・と思う、ある休日でした。
posted by 草野祐子 at 22:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

今期も残すは最終回、のみ。

あっという間に時間は過ぎるもので。

1月に入ってこられたみなさんを、あと2週間で送り出さなくては

ならなくなってしまいました。


今期も残すは最終回、のみ。


この2週間、みなさんもご自身のプランと向き合う中で、

いろんな思いをしてきたんだろうな、と思いますが、

私もここで、一緒になって、いろんな思いをしておりました。


プランをみながら


何というアドバイスが先を見据えて、今、一番お役に立てるものなのか?


ということをおひとりおひとりのお顔を浮かべて、考えておりました。




1年くらいたって、実際に動き始めたときにきいてくるようなアドバイスがいいと思う。

でも、あんまり先のことを言いすぎると、動き始める前に不安に負けるかもしれない。

だからといって甘いことだけいっては、本人も、その周囲の人も、不幸になってしまう。


そんなことを考えながらメールを書こうとすると、頭の変なところがズキズキしたり

することもしばしば・・・。



正直にいって、みなさんのプランを考えることはとても楽しいのです。

でも、私がそれをリアルに一緒にやれるわけではないから、

あくまでもみなさんがどうやってやるか、が大事であって、

みなさんが、本当に腹をくくってやれるか、が大事です。


そこだけは、絶対にゆずることなく、

真剣に

お伝えし続けていきたい、と思っています。


◇◇◇

そんなことを考えていたら、今日の授業で、どんなテンションでいけばいいか

よくわからなくなってきて、出社する電車の中でグルグル考えていたところ、

なんとなくアクセスしたOnly1.beにある卒業生の方からメッセージ。


************************************************************************


●●さんとは 泊まり込みの勉強会を2回したり
かなりの時間を一緒にいますが、とても 尊敬できる素敵な方です。

彼女とは 月に最低1回、多くて2回、二人で勉強会(かなり真剣&白熱)
3月の下旬、■■での勉強会 11回目になります。

草野講師をはじめ、起業塾での出逢いに本当に感謝いたします。
●●さん以外でも 同期の何人かで逢って辛口コメントや激励などをしています。

1年以上前の卒業の時と変わらず、いや
それ以上の 絆みたいな同士みたいなものがあります。


************************************************************************

(勝手にちょこっと編集しています。お許しを)


彼女からのメッセージを読んで、私は不覚にも、

土曜の朝の電車の中で涙ぐんでしまいました。


彼女は塾に通っていたころ、

私は遠方から頑張って通ってくださっていた彼女にかなりビシバシ言っていて、

彼女が大きな目にいっぱい涙を浮かべていたのをよく、覚えています。


そんな彼女が、

1年たって、みんなと今でも勉強会をしながら、

あんなに厳しくいってしまった私に対してまでも

感謝の気持ちをもって、

毎日毎日、頑張っていることに、

うれしくなると同時に、勇気をもらいました。



いつもいつも、そのときそのときの精一杯、

真剣にみなさんと向き合っていけば、

必ず、お役に立てるはず。


そういう思い込みを信念とし、

体力をつかうやり方で、不器用かもしれませんが、

取り組んでいきたいと思います。



そんなふうに打ち込めることを仕事として取り組ませて

いただいていることに心から感謝したいです。



さて、58期のみなさん。


はずみをつけて卒業していただくためにも、

二週間、頑張っていきましょう♪


posted by 草野祐子 at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性起業塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の大事なアドバイザー。

女性起業塾では


メンター制度


というのがあります。

卒業生の方々が、在塾生のみなさんのために
ボランティアでお引受けくださっているのです。


これはけっこう大変で、毎回の授業だけでなく、
日々みなさんがアップしてくださる日記やブログなんかを
チェックして、フォローしてくださったり、
授業のない日に呼び出されて説明会やら、中間会やら
開催されたり、するのです。


今日も今期のメンター中間会を開催いたしましたところ、
みなさま、日程調整してくださって、ご参加くださいました。

お忙しいところ、本当にありがとうございます。


メンター中間会では


●今、塾生のみなさんが困っていることはないか
●塾の運営に改善点はないか
●課題の量はどうか
●日記やブログは機能しているか
●カリキュラムへのフィードバックはないか
●講師についての要望はないか



などなど、話し合われます。

昨日もばっちり2時間、ご一緒させていただきました。
いろいろなことが話あわれ、気づきもたくさんありました。


こういったみなさんからのご意見のおかげで、
塾は常にとどまることなく、前進し続けていけるのだと思います。


耳の痛いこともあったりしますが、
これからも、みなさんのくださるありがたいご意見に
できるかぎり忠実に取り組んでいきたいと思います。



でも、メンターさんは本当に私にとってありがたい存在です。

私はメンターさんたちが本当によくしてくださったから、

ここまでこれたと思っているし、

ここまで成長できたと思っています。

全身がふるえて教室に入るのが怖かった日も

塾生のみなさんとうまくコミュニケーションがとれなくて悔しかった日も、

私の背中をおしてくれたのは、みなさんです。

そして、私の個人としての人生も、みなさんとご一緒していて、

とてもいい方向に変わってきたと思います。


私の大事なアドバイザー。


歴代メンターのみなさん、ありがとうございます。

これからもみなさんと真剣勝負でやっていけるよう

頑張っていきたいと思いますので、

どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。


posted by 草野祐子 at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性起業塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暖冬だからといって・・・。

気象庁から桜の開花予想が発表されました。

今年の記録的暖冬を反映し、かなりの早咲きになる、とのこと。

と思いきや、一方では暖かすぎて遅れる地域もあるそうです。

めっちゃ単純にできている私は、勝手に



暖冬 = 開花が早まる



と思いこんでおりました。

でもさくらって、ただあったかいから咲く、ってものではなかったのですね。


ある一定の寒さを感じたのちにあたたかくならないと、

さかなくっちゃ、という認識をしないものなのだそうです。



◇◇◇


私たちは、ついつい


これは常識だよね


と思いこんで話を進めてしまったり、

疑うことなくそれを共通認識として何かを構築してしまったり、

することがあると思います。


でも、それってとても危険なことかもしれないし、

えらい迷惑な話かもしれません。




誰かを巻き込んでいくときや、自分が誰かに巻き込まれていくとき、

そんな「思い込み」のもとに話を進めてしまっていないか、

いつも気をつけていたいものだな、と思ったのでした。




ちなみに石川県能登出身である私は様々な「ことば」や「習慣」を

全国共通だと思いこんでいましたが、それくらいなら、許されるかと

思われます・・・。
posted by 草野祐子 at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性リーダー養成コース。



夜になってから撮ってしまったので画像がかなり、いまいちですが、
SMBCコンサルティングさまの講座にファシリテーターとして参加して
まいりました。


こういった長時間にわたるファシリテーションは・・・山口以来か?と
思いながら、担当しました。


いつも担当している女性起業塾とはちょっとちがって


女性リーダー


を目指す、管理職候補の方が勢ぞろい。


午前中は経沢先生の講義を受けていただきました。

私はいつもなかなかゆっくり講義をきけないので、
今回はがっつり一緒に受講させていただきました。


勉強になりました。
社長、ありがとうございます・・・。


そして午後。

私が楽しみにしていた


パネルディスカッション


です。

今回のパネラーは、いつも戦略キャリア塾でお世話になっている
藤島先生からご紹介いただいた、素敵なお二方。

曽根岡さんと小島さん。

お二人から


●仕事とプライベート(家庭)の両立
●女性リーダーとして、苦労したエピソードとその乗り越え方
●上司・部下の関係づくり、ノウハウなど
●女性リーダーが活躍する組織とは
●女性としてHAPPYに働く秘訣



などなど、がっつり、うかがいました。

私も「女性管理職」という意味においては、今まさに
そういう立場にいるのだと思うので、
みなさんと一緒になって、勉強させていただいてしまいました。


私の中に残ったキーワード、いっぱいありました。

なかでも


■エネルギーのバランス
■プロフェッショナルな仕事



という2つがどすん、とおちてきたことばでした。


これからもう少し自分の中でこのことばをもんでいって
アウトプットに反映していきたいと思います。


参加者のみなさん、お疲れ様でした。
この出会いを大切に、これからのみなさんのご活躍を
心から応援しながら、私も


女性リーダー


の一員として、頑張りたいと思います。






posted by 草野祐子 at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。