2007年07月14日

石川ミリオンスターズ。


60期のgreenさんはその名のとおり、グリーンに関する
ビジネスをされています。
私もお裾分けしていただきました。

盆栽くん。

ほんとにいやされています。
彼とできるだけ長くおつきあいすべく、頑張りたいと思います。
なので、たまに、greenさん、チェックをお願いします・・・。

◇◇◇

石川ミリオンスターズ、ご存知でしょうか?


最近、うちの両親から送られてくるメールに


今日はBCリーグの試合を観戦に来ています。


というネタが増えています。

ん?観戦?

BCリーグって、何?


四国アイランドリーグのことは知ってました。

BCリーグは正式名称 北信越ベースボールチャレンジリーグ といいます。

プロ野球のマイナーリーグ組織とは別に組織されたリーグを
総称して独立リーグをいう、とのこと。

アメリカではじまったものらしいですが、
日本では構想はあるものの、まだ

四国と北信越

でしか実現していないのだそうです。

なんと今年の4月28日(父の誕生日)にスタートしたらしい。


そしてもとに戻って石川県のチーム名が


石川ミリオンスターズ


だそうです。

ちなみに他のチームは


富山サンダーバーズ
新潟アルビレックスベースボールクラブ
信濃グランゼローズ


というそう。

このネーミングに私は興味をもちました。

まず、新潟。

新潟アルビレックス、といえばJリーグを思い出します。

白鳥座の中でひときわ輝くオレンジとブルーの二重星が「アルビレオ」
(ラテン語で"王"が「レックス」

この2つを組み合わせてつくったサッカーのチーム名が
新潟の総合スポーツクラブの名称となったそうです。

思いを込めた2つのことばを組み合わせてつくったネーミング。


そして長野。

県獣カモシカを指す「Serows」
長野県の壮大で雄大な自然を表す「Grand」

やっぱり思いを込めて2つのことばを組み合わせたとのこと。


それから富山。

県鳥、雷鳥。
これを別々に直訳したのが「サンダーバード」。

特急の名前としても広く県民に親しまれていることばを
そのままチーム名とした、とのこと。


最後に石川。

加賀百万石に由来し、
県民100万人の夢と希望をのせて輝けるチームになってほしいという願い

と、

百万石の伝統ある街でチームが盛り上がり、
選手の活躍と将来多くのスター選手を輩出するチームになってほしいという期待

が込められたネーミング。

能登出身の私としては「加賀百万石」は若干寂しくもありますが
でも、すぐに「百万石だからミリオンやよね」と思えたので
しっくりきたように思います。


人から応援される組織をつくっていきたいとき
やはりそのネーミングは


思いを表し
わかりやすく
覚えやすい


ものであるべきだよね、と思ったのでした。

ちなみに今日は私の2つのふるさと、石川VS富山の試合があったそうで
本日は石川ミリオンスターズが勝利したそうです。

富山もふるさとですが、ずっとすんでいたのは石川なので
この両者の戦いは石川を応援させていただきます。

やったー!!!

posted by 草野祐子 at 13:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
直アド交換をきっかけに、素敵な恋愛をはじめよう!PC・携帯手段を選ばず登録できるからいつでもどこにいてもあなたの理想の人と出会えるんです。メル友から恋人へ素敵な出会いを応援します☆
Posted by 直アド交換 at 2011年05月06日 03:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47789636

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。